DaVinci Resolve

DaVinci Resolveで基本的なカット編集のやり方

ダビンチリゾルブ カット編集

こんにちは、久保直之です。

本記事では、DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)初心者の方向けにDaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)の使い方と基本的な編集の流れをわかりやすく解説しています

メモ

カット編集とは、クリップの中から不要な部分を削除し、必要な場面だけを抜き出して繋ぎ合わせる編集方法です。

適切なカット編集を行うことで、動画内の不要な部分が無くなり、見やすい動画になります。

DaVinci Resolveで基本的なカット編集のやり方

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)のエディットページにてカット編集をしていきます。

カットページでもカット編集はできますが、初心者の方は最初のうちはエディットページでカット編集をした方が簡単にできます。

カット編集は大きく分けて4つのやり方があります。

  1. 選択モード(A)
  2. トリム編集モード(T)
  3. ダイナミックトリムモード
  4. ブレード編集モード(B)

1.選択モード(A)についてです。

選択モード(A)は、一番使用頻度の高いデフォルトのカット編集です。私自身もカット編集においては、選択モード(A)を一番多く使用しています。

タイムラインでクリップの移動やリサイズ、ロール編集が行えます。

メモ

リサイズとは、クリップの長さを調節する編集です。

リサイズ

メモ

ロール編集とは、片方を延び縮みした分、他方を同じ分延び縮みさせる編集です。

ロール編集

2.トリム編集モード(T)についてです。

トリム編集モード(T)では、タイムライン上のクリップの一部をドラッグしたり、特定の部分を選択した後に選択箇所を左右に動かしたり、スリップ、スライド、リップル、 ロール編集ができます。

メモ

スリップとは、タイムラインのクリップをクリックしたまま左右に動かすと、タイムラインの長さ、他のクリップの長さも変えることなく指定したクリップの開始点と終了点を変更することができる編集です。

スリップ

メモ

スライドとは、タイムラインのクリップの下の部分をクリックしたまま左右に動かすと、選択したクリップの長さは変わらずに左右のクリップの長さを調節する編集です。

スライド

メモ

リップルとは、他のクリップの長さを変えることなく選択したクリップの長さを変えられる編集です。

リップル

3.ダイナミックトリムモードについてです。

ダイナミックトリムモードでは、選択または編集モードと一緒に操作します。

ダイナミック編集モードを有効にすると、選択モードのクリップのサイズ変更と移動、トリムモードのクリップのリップル、 スリップ、スライドが可能です。「J」「K」「L」のキーを使用します。

ダイナミックトリムモード

4.ブレード編集モード(B)についてです。

ブレード編集モード(B)では、カット編集したい部分をクリックするとタイムラインの再生ヘッド位置にカット点を追加できます。

ブレード編集モード(B)

一番使用頻度の多いカット編集は、「1.選択モード(A)」と「4.ブレード編集モード(B)」です

「1.選択モード(A)」と「4.ブレード編集モード(B)」の使い方は簡単ですので、必ず「1.選択モード(A)」と「4.ブレード編集モード(B)」でどんなカット編集ができるのかを自分自身でまずは試してみてください。

まとめ

DaVinci Resolveで基本的なカット編集のやり方を解説させていただきました。

ダビンチリゾルブのカット編集は基本の編集方法ですので、必ず習得しましょう。

カット編集には4つのやり方がありますが、「1.選択モード(A)」と「4.ブレード編集モード(B)」の使用頻度が一番多いのでまずはこの2つを完璧に使いこなしましょう

  1. 選択モード(A)
  2. トリム編集モード(T)
  3. ダイナミックトリムモード
  4. ブレード編集モード(B)
  • この記事を書いた人

久保直之

株式会社セールスエッジ代表取締役。記事監修者。ビデオグラファー / フォトグラファー / Webマーケターとして活動。

-DaVinci Resolve