Adobe Lightroom

Lightroomでオリジナルプリセットの作り方

Lightroom プリセット 作り方

久保直之
こんにちは、久保直之です。

Adobe Lightroomで自分のプリセットを作りたいけど、どうやって作ればいいの?Adobe Lightroomでオリジナルプリセットを作って販売してみたい...

と悩んでいませんか?

Adobe Lightroom Classicでプリセットを作るのはとても簡単ですし、やり方さえわかっていれば5分程度でプリセットは作れます。

本記事では、Adobe Lightroom でオリジナルのプリセットを作る方法を解説しています。

Adobe Lightroom Classicでプリセットを作る方法

まずはAdobe Lightroom Classicで1枚の写真編集をします。

その写真の色情報をもとにプリセットを作成していきます。

  1. 写真の色編集をします。
  2. Adobe Lightroom Classicメニューバーの「現像」>「新規プリセット」をクリック
  3. 「プリセット名」「グループ」を入力
  4. 設定した後に「作成」をクリック

具体的に解説していきます。

Adobe Lightroom Classicメニューバーの「現像」>「新規プリセット」をクリックします。

「プリセット名」「グループ」を入力します。

メモ

グループはプリセットの保存場所となります。

設定では、適用したいデータ情報です。

チェックマークを入れていると情報が適用されますが、チェックマークを外している部分のデータはデフォルトの写真データの状態となります。

私の場合は、「ホワイトバランス」と「露光量」のみチェックを外しています。

設定した後に「作成」をクリックします。

プリセットが作成されました。

Adobe Lightroom Classicでプリセットを書き出す方法・配布方法

自分オリジナルのプリセット作成が完了しましたら、プリセットを書き出して友人にプリセットを配ったり、BASEやnoteで販売することも可能です。

Adobe Lightroom Classicでプリセットを書き出す方法はとても簡単です。

まずは対象のプリセットを選択して「書き出し」をクリックします。

「プリセットの名前」を入力して、「書き出し場所」を選択して「保存」をクリックします。

Adobe Lightroom Classicでプリセットの書き出しができました。

コチラのデータは友人にプリセットを配ったり、商品としてBASEやnoteで販売することも可能です。

Adobe Lightroomでプリセットを作る方法

写真の色編集が終わった後にAdobe Lightroomでプリセットを作っていきます。

  1. 「プリセット」をクリック
  2. 「プリセットを作成」をクリック
  3. 「プリセットの名前」を入力して「保存」をクリック
  4. プリセット完成

「プリセット」をクリックします。

「プリセットを作成」をクリックします。

「プリセットの名前」を入力して「保存」をクリックします。

プリセットが完成です。

Adobe Lightroomでプリセットを書き出す方法・配布方法

自分オリジナルのプリセット作成が完了しましたら、プリセットを書き出して友人にプリセットを配ったり、BASEやnoteで販売することも可能です。

Adobe Lightroomでプリセットを書き出す方法はとても簡単です。

まずは対象のプリセットを選択して「書き出し」をクリックします。

「名前」と書き出しする「場所」を入力して、「書き出し」をクリックします。

Adobe Lightroomでプリセットの書き出しができました。

コチラのデータは友人にプリセットを配ったり、商品としてBASEやnoteで販売することも可能です。

まとめ

オリジナルのプリセットを作る方法を解説させていただきました。

Adobe Lightroom ClassicとAdobe Lightroomでオリジナルのプリセットを作る方法は画面は違いますが、基本的には同じやり方で作成できます。

Adobe Lightroom ClassicとAdobe Lightroomでプリセットの入れ方・使い方は以下の記事で解説しています。

  • この記事を書いた人

久保直之

株式会社セールスエッジ代表取締役。記事監修者。ビデオグラファー / フォトグラファー / Webマーケターとして活動。

-Adobe Lightroom