DaVinci Resolveのメディアオフラインの原因・対策方法

ダビンチリゾルブ メディアオフライン

こんにちは、動画クリエイターの久保直之です。

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)を使っていたら急に、クリップの動画素材が「メディアオフライン」と表示されてしまい、動画が表示されなくて悩んでいませんか?

動画を編集しているのに、急に動画が表示されなくなったら非常に困ってしまいますよね...。

私自身もDaVinci Resolve初心者の頃に編集していたら急に「メディアオフライン」と表示されてしまい困っていたことが何度もあります。

この記事では、DaVinci Resolveのメディアオフラインの原因・対策方法を解説していきます。

DaVinci Resolveのメディアオフラインの原因・対策方法

「メディアオフライン」と表示されてしまう原因は、クリップ・動画素材のデータの保存場所が置き換わることが原因です。

対策方法としては、メディアプールの対象クリップを右クリック>「選択したクリップを再リンク」をクリックして、データの保存場所を選択すれば、クリップの動画素材は表示されます

対策方法

  1. メディアプールの対象クリップを右クリック
  2. 「選択したクリップを再リンク」をクリック
  3. データの保存場所を選択する

「メディアオフライン」とエラーが出ないようにDaVinci Resolve動画編集の最初にやっておくべきことは、クリップ・動画素材のデータの保存場所を明確にしておいて、編集中はデータを移動させないことです。

DaVinci Resolveのメディアオフラインの原因となってしまう理由と対策方法を図解で解説していきます。

DaVinci Resolveのメディアオフラインの原因

通常では問題なく表示されている状態のタイムラインです。

しかし急にメディアオフラインと表示されてしまいました。

動画を編集しているときに、クリップ・動画素材のデータの保存場所を置き換えると「メディアオフライン」と表示されエラーの原因となります。

DaVinci Resolveのメディアオフラインの対策方法

DaVinci Resolveのメディアオフラインの対策方法は、クリップ・動画素材のデータの保存場所に「再リンク」するだけです。

再リンクのやり方は、メディアプールの対象クリップを右クリック>「選択したクリップを再リンク」をクリックして、データの保存場所を選択すれば、クリップの動画素材は表示されます。

まとめ

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)初心者の方で「メディアオフライン」が表示されてつまづいたり、悩んでいる方はとても多いです。

実際に私も一番最初にダビンチリゾルブを使っていて、トラブルになったポイントが「メディアオフライン」が表示されたところです。

しかし解決方法さえわかっていれば簡単なので安心です。

メディアオフラインの問題を表示させないためにも、最初にクリップ・動画素材のデータの保存場所は決めておきましょう。

この記事の動画版をYouTubeに投稿しました。

DaVinci Resolveでの動画編集方法について、わからない点等があればお気軽に以下のLINEからご連絡ください。(無料です)

友だち追加

  • この記事を書いた人

久保直之|NAOYUKI KUBO

株式会社セールスエッジ代表取締役。SALESEDGE Inc. CEO。Instagram運用ノウハウ、写真・動画の撮影方法/編集方法、DaVinci Resolveの使い方を初心者向けに発信しています。記事監修者。