DaVinci Resolveで素材を読み込みする方法

こんにちは、動画クリエイターの久保直之です。

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)初心者の方向けに、DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)の使い方、基本的な編集の流れをわかりやすく解説しています。

この記事では、DaVinci Resolveで素材を読み込みする方法を解説していきます。

メモ

DaVinci Resolveで動画を編集するためには、最初に編集をする動画や音源の素材を読み込みする必要があります。

こんな方におすすめ

  • DaVinci Resolveを基礎から確実に学びたい方
  • DaVinci Resolveの基本的な編集の流れを知りたい方
  • 家族や友人とのおしゃれな思い出・旅行VLOGを作りたい方
  • シネマティックでかっこいい動画編集を習得したい方
  • DaVinci Resolveをマスターして動画編集で副業したい方
  • 初心者からDaVinci Resolveを習得して動画クリエイターになりたい方

DaVinci Resolveで素材を読み込みする前にやるべきこと

DaVinci Resolveへ読み込みする素材として、自分のカメラで撮影した動画素材を使用する方がほとんどかと思います。

あなたがカメラで撮影した動画素材はSDカードもしくはCFexpress、SSDといったファイルにまずは保管されています。

それらのファイルはまずは自宅にある保管用のハードディスクに保存するのをおすすめします。間違って消してしまうリスクがありますので、撮影後、自宅に帰ってきた最初に行うのが保存用のハードディスクへのデータコピーです。

もしハードディスクがない方は購入するのをおすすめします。撮影してきたデータは資産になるので、いらないと思っても保存しておきましょう。

ハードディスクに保存が完了しましたら、今度はパソコンにもデータを保存してください。

私の場合は、

  • ハードディスクの素材(保存用)
  • パソコンの素材(作業用)

としています。

パソコンにデータを移して素材を読み込んだ方が読み込みスピードがサクサクで速いからです。

パソコンの容量が少ない場合は、ハードディスクの素材(保存用)から素材を読み込むようにしています。

DaVinci Resolveで素材を読み込みする方法

DaVinci Resolveで素材を読み込みする方法は、「ファイル」>「読み込み」>「メディア」の順にクリックします。

読み込みする素材を選択します。

読み込むメディアを選択します。

メディアプールに素材が読み込まれました。

読み込んだ素材はメディアページ、カットページ、エディットページで確認できます。

DaVinci Resolveで読み込んだ素材をタイムラインに入れる

読み込んだ素材をドラッグ&ドロップでタイムラインに入れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

DaVinci Resolveで素材を読み込みする方法を解説させていただきました。

DaVinci Resolveでの動画編集方法について、わからない点等があればお気軽に以下のLINEからご連絡ください。(無料です)

友だち追加

  • この記事を書いた人

久保直之|NAOYUKI KUBO

株式会社セールスエッジ代表取締役。SALESEDGE Inc. CEO。Instagram運用ノウハウ、写真・動画の撮影方法/編集方法、DaVinci Resolveの使い方を初心者向けに発信しています。記事監修者。