DaVinci Resolveにおけるクロップ(黒帯)の入れ方

こんにちは、動画クリエイターの久保直之です。

最近、動画制作時において、映画のように上下に黒のクロップを入れるシネマティックな表現が流行っています。

しかし動画制作初心者のあなたはDaVinci Resolveにおけるシネマティックなクロップの入れ方がわからず悩んでいるのではないでしょうか?

DaVinci Resolveでシネマティック・映画風なクロップの入れ方はいくつかやり方があります。

この記事では、初心者の方向けにDaVinci Resolveでシネマティックなクロップを入れる方法を解説していきます。

DaVinci Resolveでクロップの入れ方

DaVinci Resolveでクロップを入れる方法は二つあります。

  • 出力ブランキングを使う
  • インスペクタのクロップを使う

出力ブランキングを使う

まず一番主流なのが、出力ブランキングを使ってクロップを入れる方法です。

  1. タイムライン
  2. 出力ブランキング
  3. アスペクト比率を選択する

以下のアスペクト比率がDaVinci Resolveには用意されています。

  • 1.33:SD/4:3
  • 1.66:ヨーロッパ・ビスタ
  • 1.77:HD/16:9
  • 1.85:アメリカン・ビスタ
  • 2.00:ユニビシウム。劇場用ワイドスクリーンとHD納品の両方に対応するように設計されたアスペクト比。 – 2.35:オリジナルのアナモルフィック(シネマスコープ)映画用ワイドスクリーン
  • 2.35:オリジナルのアナモルフィック(シネマスコープ)映画用ワイドスクリーン
  • 2.39:現在の35mmアナモルフィック(シネマスコープ)映画用ワイドスクリーン
  • 2.40:現在の35mmアナモルフィック(シネマスコープ)映画用ワイドスクリーン(ブルーレイ用切り上げ) – RESET:クリップをオリジナルのアスペクト比に戻します。

シネマティック・映画風な映像表現にしたいのであれば、2.35がおすすめです。

クロップなし

クロップあり(2.35)

作りたい映像に合わせて出力ブランキングを選びましょう。

インスペクタのクロップを使う

二つ目のやり方としてインスペクタのクロップを使ったやり方がありますが、こちらのやり方は作業が面倒なのでおすすめしません。

  1. インスペクタ
  2. クロップ
  3. 上クロップ、下クロップを調節する

しかし、このやり方だと動画の素材一つ一つにクロップをしなければなりませんので、素材がたくさんある場合だと作業量が膨大になってしまいます。

そんな時にはEffectsの調整クリップを使用しましょう。

Effectsの調整クリップを使えば一回の作業で全ての素材に対してクロップをかけられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

出力ブランキングでクロップを入れるやり方がDaVinci Resolveでは推奨されていますので、特別な理由がない限りは出力ブランキングでクロップを入れましょう。

  1. タイムライン
  2. 出力ブランキング
  3. アスペクト比率を選択する
  • この記事を書いた人

久保直之|NAOYUKI KUBO

株式会社セールスエッジ代表取締役。SALESEDGE Inc. CEO。Instagram運用ノウハウ、写真・動画の撮影方法/編集方法、DaVinci Resolveの使い方を初心者向けに発信しています。記事監修者。