【2022年版】20代におすすめ転職エージェントランキング|選び方と使うべき理由

20代 転職エージェント

「はじめての転職活動では何からはじめたらいいの?」「新卒社会人になって1~3年程度だけど転職できるの?」「20代後半だけど、今からだと転職は遅い?」「20代だけど転職エージェントは使えるの?おすすめはどこ?」と悩んでいる20代の方はたくさんいます

転職活動は今後の人生を大きく左右するので絶対に失敗したくありませんよね。あなたが最高の転職を実現するためには、転職活動を共に歩んでいくパートナーである転職エージェントの存在が重要です。

転職エージェントは第二新卒向け、ハイキャリア向け、ITエンジニア向け、女性向けなど様々な特徴・強みをもっているので、あなたの状況に適した転職エージェントを選ぶのが大切です。この記事では、20代におすすめの転職エージェントと選び方と使うべき理由について解説しています。

20代が転職エージェントを使うべき理由

20代が転職エージェントを使うべき理由は、あなたが希望する求人を紹介してもらえて、内定を獲得できるように最大限転職をサポートしてくれるからです。

20代で転職を考えている方は本当に悩みがつきものですし、その悩みは人によって様々です。

20代社会人の悩みで多いもの

  • 給料・年収がなかなか上がらない...
  • スキル・専門性を身につけられる仕事に挑戦したい...
  • 上司との人間関係がよくない...
  • 同世代と比べて年収が少ない...
  • 残業が多い...休みが少ない....勤務体系に不満がある...
  • そもそも今の仕事をしていても全然楽しくない...早く辞めたい...

「現在の仕事内容に満足しているけれども、20代でさらにスキルアップして年収アップ&キャリアアップしたいという前向きな転職を考えている方」や、「人間関係も良くないし、今の職場では給料アップする見込みがないので後ろ向きな転職を考えている方」までたくさんいます。

これから30代に向けて理想のキャリアを作っていくための転職というのは一つの選択肢です。今の職場で自分が努力しても、「人間関係がよくならない」「給料アップが見込めない」「労働環境が悪い」「仕事が楽しくない」のであれば、転職すべきタイミングです

20代向けの転職エージェントの選び方・比較ポイント

エージェント選びに失敗しないために、20代向けの転職エージェントの選び方・比較ポイントで重要なのは5つです。

20代向けの転職エージェントの選び方・比較ポイント5つ

  • 求人数が多いかどうか
  • 転職エージェントの実績があるかどうか
  • あなたが行きたい業界・職種に強いかどうか
  • 担当者が親身に対応してくれるかどうか
  • 2~3つの転職エージェントを選んで登録する

求人数が多いかどうか

求人数が多いほど、あなたにとっての希望の企業が見つかりやすいです。転職エージェントが保有している求人数は異なりますので、求人数が多いか少ないかは転職エージェントを選ぶ上で重要な指標となります。転職候補先の視野を広げるためにも公開求人数と非公開求人数の数字を公表しているエージェントを選びましょう。

転職エージェントの実績があるかどうか

国内に転職エージェントと呼ばれる人材紹介会社は数えきれないほどたくさんあります。中には設立1年目の実績があまりない会社もありますが、あなたにとって安心して転職サポートしてくれるのは実績のある大手転職エージェントです。実績が豊富あればそれだけ求人数も揃っていますし、転職成功するための知識ノウハウも豊富です。

あなたが行きたい業界・職種に強いかどうか

エージェントによっては、20代向け、第二新卒向け、ハイキャリア向け、ITエンジニア向け、女性向けなど業種・職種に特化しているエージェントもありますので、あなたの転職目的にあったエージェントを選びましょう。全く目的の異なるエージェントを選んでしまうと、あなたにとってもエージェントにとっても時間の無駄になってしまいますので注意が必要です。

担当者が親身に対応してくれるかどうか

転職エージェントの担当者が親身かどうか、転職サポートがきめ細かいかどうかといった担当者であるキャリアアドバイザーの能力については、正直なところ運も関係してきます。

優秀なキャリアアドバイザーもいれば、優秀ではないキャリアアドバイザーもいるのが実際のところですので、対策としては2~3社の転職エージェントに登録して、それぞれのサポート受けてみて相性の良いキャリアアドバイザーに絞ってサポートしてもらいながら転職活動していくのが良い方法です。

2~3つの転職エージェントを選んで登録する

転職エージェントは無料で利用できますので、2~3つの転職エージェントを選んで登録しましょう。転職エージェントは求職者の転職が決まった時に企業から手数料を受け取るビジネスモデルのため求職者・転職希望者は完全無料で利用できるのです。

20代におすすめ転職エージェントを目的別に紹介

転職する時には、「転職エージェント」 or 「転職サイト」を利用して転職活動をしていくわけですが、転職のプロである転職エージェントと一緒に転職を効率的に進めていくのをおすすめします。転職サイトは情報収集程度に利用しましょう。

リクルートエージェント|圧倒的な求人数の多さと実績

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1の転職エージェントで、ほぼ全ての業界・職種の転職支援に対応しています。非公開求人数は10万件以上保有。日本全国の求人を網羅しているので、希望条件の求人をたくさん紹介してもらえます。

リクルートエージェントに登録すると独自転職支援ツールである「パーソナルデスクトップ」が利用できるようになり、企業の求人概要や面接で企業が重要視している点などを無料で閲覧できるようになります。転職成功実績No.1の転職ノウハウがあるので、20代すべての方におすすめです

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒時に利用したことのある方も多いであろう安心・信頼のマイナビグループが運営する転職エージェントです。マイナビエージェントでは、20代・第二新卒の転職支援に力を入れているため、あなたが期待するような手厚いサポートが受けられるので、「経歴・キャリアが不安な20代の方」におすすめです。企業の人事担当者や経営者とのネットワークも豊富なので希望の求人を紹介してもらえます。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手の中で最も親身で丁寧なサポートが受けられると評判の高い転職エージェントなので、「はじめて転職をする20代の方」と「2回目の転職をする20代の方」におすすめです。全国求人に対応しており、あなたの希望と適性に合った安心の転職サポートが受けられます。転職する・しないに関わらず、今後のキャリア相談をしたい方はパソナキャリアの無料転職サポートに登録をしましょう。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、転職サイトの@typeや女性の転職@typeでお馴染みの転職エージェントです。type転職エージェント経由で転職した方の約71%が年収アップに成功。キャリアアドバイザーによる企業との年収交渉力に定評があります。ただし面談拠点は東京のみなので、首都圏で転職を考えている20代の方におすすめです。

ワークポート

ワークポートは、50万人の転職支援実績のある転職エージェント。未経験から異業種・異職種の転職支援を得意としているため、未経験から新しい仕事に挑戦したい20代の方におすすめです。ワークポートはIT業界に強いので、「IT業界でキャリアアップしたい方」や「未経験からIT業界に挑戦したい方」は登録必須です。

20代が転職を成功させる転職エージェントの利用方法

「20代での転職活動はどう進めていけばいいのかわからない...。」「20代の今、転職すべきかどうかわからない...。」「20代で転職して、スキルを身につけて、さらに年収アップしたい...。」と悩んでいませんか?

転職エージェントは客観的にあなたを分析できて、理想の求人を紹介してくれますし、書類対策・面接対策・面接日程調整・年収交渉といった転職活動の全面的なサポートをしてくれます

今の日本は終身雇用がすでに崩壊しており、2人に1人が転職する時代です。20代の転職は人生における大きなイベントですので絶対に失敗したくありませんよね。20代は、30代以降の年代と比べると転職しやすい年代です。ただし、転職ができても会社選びに失敗してしまうと、また転職することになり20代のうちから転職回数が無駄に多くなってしまいます。

20代のうちから転職回数が4回を超えてくると「この人は採用してもまた転職するのでは?」と採用担当者に思われてしまい、転職回数が増えてくるごとに転職の難易度が上がるので注意が必要です。間違った転職をして今後のキャリアを無駄にしないためにも、20代における転職利用方法7つを解説していきますので参考にしてみてください。

転職エージェントの利用方法

  • 転職活動の全体スケジュールを決める
  • 自己分析をして転職したい理由を明確にする
  • 自分自身の転職市場価値を理解する
  • 転職する業界・職種を決める
  • ミスマッチがないように企業の口コミ情報を確認する
  • 転職エージェントに複数登録する
  • 優秀な転職エージェントを見極めて利用する

転職活動の全体スケジュールを決める

20代で初めて転職する方は、転職活動の全体スケジュールをあまり把握していないという方が多いのではないでしょうか。転職を考え始めたら、まず最初に転職活動の全体スケジュールを決めておくのがおすすめです。

  1. 自己分析(転職する・しないに関わらず日頃から自己分析はしておきましょう)
  2. 求人応募(転職活動に、転職サイト or 転職エージェントのどちらを使うのかを決めておきましょう)
  3. 選考(企業との面接アポイントをとります)
  4. 内定(転職先の入社日を決めます)
  5. 退職(現在働いている会社の退職日を決めます)

転職活動の全体スケジュールを決めないまま転職活動をはじめてしまうと、「とりあえず内定が出た会社に転職したけど、入社前に想像していた職場と全然違う...。」「せっかく転職が決まったけれども、現在ビッグプロジェクトを担当していて退職届を出しづらい...。」「退職日・入社日をいつにすべきかわからない...。」といった問題が起こってしまうことがあります。

希望のタイミングで転職を成功させて、新しい職場へ入社するためにも、まず最初に転職活動の全体スケジュールを決めておきましょう。転職活動を始めてから、大体1~3ヶ月で転職を決めている方が多いので転職活動は短期決戦です。ダラダラと集中せずにやってしまうと、転職するタイミングを逃してしまいます。

自己分析をして転職したい理由を明確にする

転職する・しないに関わらずに日頃から自己分析をしておくと、転職したい理由が明確なので、いざ転職活動開始となった時にスムーズに進められます。ぼんやり「転職したい...」と思っているだけで、これからどう働きたいかとか、どうなりたいかのビジョンがないと、転職先でも同じ問題を抱えてしまうことになってしまいます。そうならないためにも、日頃から自己分析をして転職したい理由を明確にしておくことが大切です。

自己分析を行うツールとして、リクナビNEXTの『グッドポイント診断』というのがあります。グッドポイント診断とは、リクナビNEXTが提供している自己分析ツールで、簡単に自己分析ができてあなたの強みを5つ診断してくれます。

私も実際に『グッドポイント診断』で自己分析してみましたが、自己分析の精度がとても高く、自分では気がつかなかった強みにも気づけて新しい発見がいくつかありました。無料で使えておすすめですので、ぜひ試してみてください。

自分自身の転職市場価値を理解する

自己分析ができてあなたの転職目的が明確になりましたら、自分自身の転職市場価値を理解しておきましょう。

自分の転職市場価値を理解しないまま転職活動をしてしまうと、「思ったよりもオファーされる年収が低い...」「行きたい企業からなかなか内定をもらえない...」といった問題が発生してしまいます。これらの原因は自分の転職市場価値を理解していないことによる、あなたと企業側でのミスマッチにあります。

ただし、自分自身の転職市場価値を分析するのは非常に難しく、知り合いなどから客観的に分析してもらうのもハードルが高いですよね。おすすめの方法としては、自己分析の時と同じように転職市場価値を判断してくれるツールを利用することです。転職市場価値を理解するのにおすすめのツールは『MIIDAS』です。

『MIIDAS』は、職務経歴や経験・スキル情報からあなたの転職市場価値を診断してくれて、想定年収も算出してくれます。想定年収がわかると、客観的な転職市場価値も把握できるので、企業とのミスマッチを減らせます。「転職できるならどこでもいい。」といった考えではなく、「今の会社より良い条件で転職したい。」といったように少し背伸びをして年収アップの転職を目指しましょう。

転職する業界・職種を決める

あなたの転職理由が明確になり、客観的に転職市場価値が理解できた後は、実際に転職をする「業界 × 職種」を決めましょう。すでに転職をしたい「業界 × 職種」が決まっているのであれば問題ありませんが、まだ決まっていない方は自己分析と転職市場価値の結果を元にどうすべきか判断してみてください。

「業界 × 職種」によっては、今後の年収が大きく変わってくるので業界選びと職種選びは慎重に。

ミスマッチがないように企業の口コミ情報を確認する

求人探しについてですが、20代ほとんどの方が求人概要の「仕事内容」「給料・待遇」「福利厚生」のみに目が行きがちで、企業の口コミ情報を確認している方が少ない印象です。その結果、転職できたけれども「入社前に想像していた会社とイメージが全然違う...」となってしまい転職に失敗してしまいます。

入社前と入社後のミスマッチをしないためにも、求人概要だけではなく企業の口コミ情報をチェックすることは必須です。転職を成功させるためにも、応募する企業が決まったらその企業の情報・業績・職場環境・年収/給料制度・評判・口コミを自分でも調べるクセを付けておくことをおすすめします。転職口コミサイトの「Vorkers」では、社員・元社員から集められた信憑性の高い企業の「年収・待遇」「職場環境」「組織体制」「給与制度」「退社理由」といった評価・口コミ・レビューが掲載されているので、応募する企業の情報収集には最適です。

転職エージェントに複数登録する

「転職活動の全体スケジュールを決める」「自己分析をして転職したい理由を明確にする」「転職市場価値を理解する」「転職する業界・職種を決める」「ミスマッチがないように企業の口コミ情報を確認する」この5つを全て効率的に支援してくれて、あなたの転職を成功に導いてくれるのが転職エージェントの存在です。

20代の転職方法として、転職サイトを利用しながら一人で転職活動をしていく方法もありますが、「選考に通りやすい書類の書き方」や「受かる面接の仕方」などの転職ノウハウを一から自分で仕入れないといけないので企業から内定をもらうまでに時間がかかってしまいます。

転職のプロである転職エージェントを利用すれば、「キャリアカウンセリング・求人紹介・履歴書/職務経歴書の添削・面接対策・企業面接日の調整・給料交渉代行」を全てサポートしてくれるのでラクに短期間で転職が可能です。

さらに、これらの転職エージェントのサポートは完全無料ですので使わない手はありません。転職エージェントによっては紹介してくれる求人と、担当者との合う・合わないの相性もありますので複数登録しておくことをおすすめします。

優秀な転職エージェントを見極めて利用する

転職エージェント登録後は、担当のキャリアアドバイザーとの面談になります。面談形式は、「直接お会いして面談」もしくは「電話面談」のどちらかを選択することが可能です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーによっては、キャリアカウンセリング力・提案力・サポート力といった面で能力差があるのも事実ですので、あなたの転職を成功させるためにもここはシビアな目で今後担当してもらうキャリアアドバイザーを判断してください。

優秀なキャリアアドバイザーの特徴

  • 優秀なキャリアアドバイザーの特徴どこがよかったか、入社する上での懸念点をフィードバックしてくれる
  • 案件ベースで、自分のキャリアにとってどういう価値があるかという視点でアドバイスをしてくれる
  • 企業に回答期限の延長や年収交渉をしてくれる
  • 他にいい求人はないですか?という質問に粘り強く付き合ってくれる
  • 社長や役員、人事責任者などとの強いパイプがあり彼らとの面接を自由にセッティングできる

優秀なキャリアアドバイザーの特徴として、あなたが希望するキャリアを実現できるように親身になって最大限転職をサポートしてくれます。

最悪なキャリアアドバイザーは、決まりやすい求人をゴリ押ししてきたり、回答期限を仕切ったりしてきます。万が一、こういったキャリアアドバイザーに当たってしまった時は利用をやめるべきです。

まとめ

あなたが最高の転職を実現するためには転職を共に歩んでいくパートナー(転職エージェント)が必要です。

転職エージェントは客観的にあなたを分析できて、あなたに合った理想の求人を紹介してくれますし、書類対策・面接対策・面接日程調整・年収交渉といった転職活動の全面的なサポートをしてくれるからです。

最高の転職エージェントを見つけて、理想の転職を実現できるのを応援しています。この記事でご紹介している転職エージェントは実績もあって評判がいいので、少しでも気になるエージェントがあれば無料ですのでぜひ利用してみてください。