Stripeで決済アカウントを作成する方法・使い方・手数料

  • Stripeで決済アカウントを作りたい。
  • 自社商品をオンライン決済Stripeで販売したい。
  • 自社のスモールビジネスをオンライン決済で管理したい。

と悩んでいませんか?

2011年に開始されたオンライン決済サービスStripeは、本社をアメリカ・サンフランシスコに置き、日本を含む世界14カ国に事業所を展開するグローバル企業のサービスです。

Stripeは、GoogleやAmazon、Uberなど誰もが知る大手企業、中小企業、スタートアップ企業、個人のスモールビジネスまで利用されています

Stripeは、銀行や金融機関、デジタルウォレットと連携しているので安心して導入しやすいのが特徴です。オンライン決済がとても便利になります。

Stripe公式サイト

Stripeを導入するメリット

最短1日で利用開始できる

Stripeを導入する大きなメリットは、最短1日で利用可能になることです

一般的な決済代行サービスの場合、審査期間が設けられていることが多く、利用を開始するまでに時間がかかります。

しかしStripeの場合は会社の登記番号や責任者の身分証・電話番号・銀行口座情報など、基本的な情報だけ記載すれば短時間で利用を開始することができます。

これにより、スタートアップ事業や中小企業におけるECサイトへの導入など、個人のスモールビジネスなど、早く事業を展開したい場合におすすめです。手続きにおける労力も少ないので便利です。

手数料3.6%。初期費用は無料

Stripeの手数料は決済成立ごとに3.6%です。

手数料で見ると圧倒的に安いわけではありませんが、Stripeは導入における初期費用が無料です。月額費または隠れた手数料は一切ありません。ランニングコストを最小限に抑えて運用できるのです。

すぐに決済アカウントを作成したい中小企業、個人のスモールビジネスを行なっている方にとっては便利です。

また支払い履歴の検索や返金作業、不審請求への対応などをStripeのダッシュボードから簡単に操作できます。

グローバルでビジネスを展開できる

Stripeの決済サービスは、130種類以上の通貨に対応しているのでグローバルでビジネスを展開できます。

海外からの決済に対応しているので、日本から海外へ商品を販売が可能です。

またStripeでは、電話、チャット、メールによる年中無休のサポート対応しているので、安心して利用できます。サポートは日本語にも対応しています。

Stripeで決済アカウントを作成する方法

「今すぐ始める」をクリックします。

「メール」「氏名」「国」「パスワード」を入力して、「アカウントを作成」をクリックします。

メールアドレスを確認します。

届いたメールの「メールアドレスを確認」をクリックします。

「支払いを有効にする」をクリックします。

以下のビジネス情報を入力していきます。

・ビジネス情報の追加
ビジネスのタイプ
事業詳細
公開情報
・銀行を追加する
銀行口座情報
・アカウントを安全に保つ
2 段階認証
・オプション
税額計算
Climate の寄付
・確認して終了する
登録情報の確認

「ビジネスのタイプ」を入力します。

「事業詳細」を入力します。

「申請者の詳細」を入力します。

「法人の取締役」を入力します。

「改正割販法に関する質問」に回答します。

「顧客向けの表示情報」を入力します。

「銀行口座情報」を入力します。

2段階認証をします。

「商品カテゴリー」を選択します。

「寄付額」を入力します。「今はやめておく」を選択して問題ありません。

確認して完了します。

これらを入力完了後にStripeアカウントが有効になります。

Stripeの手数料

決済成立時 3.6%
初期費用 無料

まとめ

自社のオンライン決済を導入しているのであれば、Stripeはおすすめです。

国内を問わずに海外でも大手企業から中小企業、個人のビジネスまで実績がありますので安心です。

初期費用は一切かからずに、決済成立の手数料3.6%のみですので導入しやすいサービスとなります。

最短一日で利用開始できますのでオンライン決済にStripeをぜひ利用してみてください。